イワシ漁解禁!出張先の夕食で旬の小イワシの刺身はいかが!?

6月10日に解禁されたイワシ漁。広島の海の幸といえば牡蛎、あなご!?いぇいぇイワシを忘れちゃいけんよ!近海のプランクトン豊富な海で採れる小イワシは、稚魚が加工されたいりこ(煮干し)や、ちりめんも有名ですが、これから広島に出張される方には、旬の小イワシの刺身は味わっていただきたい!旅館はらだの夕食で是非ご賞味あれ~!

広島の海の幸「小イワシ」

皆様は、広島の海の幸と言えば、何を思い浮かべますでしょうか?カキ?あなご?その他にも、知る人ぞ知る「小イワシ」という魚をご存じでしょうか?

大きくなっても10㎝程度と小ぶりな魚、カタクチイワシを広島では「小イワシ」と呼びます。広島市の目の前の近海はプランクトンが豊富で、カタクチイワシは広島県内の総漁獲量の7割も占めるとのこと。

小イワシ(カタクチイワシ)を塩ゆで乾燥して加工した「いりこ(煮干し)」は出汁には欠かせないアイテム。また、小イワシの稚魚「いりこ(ちりめんじゃこ)」は、あつあつごはんの上に乗っければ、最強のごはんのお供!6月10日に解禁されるイワシ漁。私の同級生も倉橋島の音戸で漁師をしており、新聞でも取り上げられていました!

今、出張ならラッキー!旬だけの味「小イワシの刺身」

小イワシの刺身

6月10日に禁漁された小イワシですが、8月頃までの旬の時期にだけ食べられる「小イワシの刺身」!一匹が小さいので、普通の刺身のように、切り身にするのではなく、一匹丸ごとを使います。

頭と腸を取って、真水でよ~く洗い臭みを取ります。その味は「7回洗えばタイの味」といわれるほどで、生姜醤油で食べれば、ぷりぷり食感は絶品!

頭と腸を取って、さあ水洗い!

私が子供の頃にはよく食べていた記憶があり、その昔には行商の方が売り歩く、庶民でも安く手に入る食材だったそうです。まさに、広島のローカルフード!もし6月~8月の間に、お仕事の出張などで、広島に来られる方には是非、広島で今しか味わうことができない「小イワシの刺身」をご賞味あれ!

ビジネス旅館はらだの夕食に「小イワシ」の刺身をご賞味あれ

ビジネス旅館はらだは、朝食、夕食付きの宿。ビジネスでご出張や、工事関係の現場で働く職人の方々にご愛顧いただいております。

夕食は日替わり定食で、市場休みの水曜日以外は、お刺身3点盛りがつきます!長年お付き合いしている近所の魚屋さんが、毎日新鮮なお刺身を届けていただいおります。

「小イワシはいったよ〜」とのことで、今日のお刺身は小イワシに、ハマチにタコ!大浴場で一日の疲れを癒やして、旬の刺し身にキュッと一杯。何者にも替えがたい喜びですよね!ただし、、、今は、緊急事態宣言中、、、旅館はらだの食堂でもアルコール類は禁止とさせていただいおります。

色々思うことはありますが、皆が苦しんでいる、我慢している今。まずは、皆で気持ちと行動を統一して、政府、県、市が言われることを粛々と守るのみですね。

晴れて、緊急事態宣言があければ、思う存分食堂で楽しく食事を取っていただければと思います!本日は、小イワシの刺し身以外にも、これまた魚屋さんの好意で提供していただくタイのお頭の煮付けに、キンピラゴボウ。

今日の定食のメインはタイのお頭の煮つけ
本日の夕食(日替わり)

ボリューム、栄養バランス満点でな家庭的なビジネス旅館はらだの夕食をぜひご賞味ください〜!

関連記事

PAGE TOP
Translate »