スーパームーン!原爆ドームを照らす月明かり!

なかなか思うように外出もできない夜。ふと夜空を見上げれば大きな・明るいお月さま。ビジネス旅館はらだの屋上から、月明かりの下の原爆ドームを見て、浸ってみました~

スーパームーンの月光に照らされる原爆ドーム

毎日表情を変える原爆ドーム

ビジネス旅館はらだは、原爆ドームから徒歩5分と、アクセス抜群。ビジネス旅館はらだのお部屋からは原爆ドームを眺めることもできます。真冬の澄んだ空気の原爆ドーム。川辺の紅葉の中に佇む原爆ドーム。8月6日の燃えるような熱気の中、静かに平和を願う原爆ドーム。色々な表情を季節、そして眺める私たちの心の変化に応じた違った姿を見せてくれます。 昨日のスーパームーン。楕円を描く月の起動が最も地球に近づく際に見える満月。 少し街灯や、町の喧騒も少なくなっているのか?ひっそりした空気のなか、スーパームーンの照明を受けて浮かびあがる原爆ドームを見て、このコロナ禍によって影響・被害を受けて方々に静かな気持ちで、改めて祈りを捧げたいと思います。 原爆投下の一面焦土と化した広島市内、そこからものすごい勢いで復興した広島市内、そして今、傍目には、被害の様子は全然わからないけど、皆心に不安と、本当の春を待つ気持ちを、物言わず見守る原爆ドームを、また日本中、世界中の方々が訪れる日が来ますように!

お一人お一人のお客さまと、より「密」なつながりを!

いわゆる「三密」が自粛されるなか、、、 「●●のライブがキャンセルになっちゃったので、今度の宿泊はキャンセルで、、」「グリーンアリーナが使えなくなっちゃって、スポーツ大会も中止、団体宿泊をお願いしていただけど、今回の宿泊はキャンセルで、、」等の電話を頂きます。 もちろん、経営上はとても厳しいですけど、電話で直接、ビジネス旅館はらだにご配慮いただきながらのお声を聞く度、、「いえいえ!こちらこそ、電話を頂けることだけでも、感謝でございます!」。 そして、今日も、建築現場等、止めることができない仕事で、長期宿泊されているお客さまがご利用いただいております。 本当に感謝しかないです。 私たちも フロント、食堂での直接のコミュニケーション、電話でのコミュニケーションをより「密」にとり、 全力をもって、「安心・安全」な環境つくりで、不安が心を覆う「今」、少しでも、安らぎの時間を持てるよう、おもてなしさせていただきます! 今日の夕食は、本当の春がくることを願って、「菜花のおひたし」を添えたヒジキと高野豆腐でした!

菜花を添えたヒジキと高野豆腐

関連記事

PAGE TOP