原爆ドームまで宿から歩いてみる。近いっ!「生の情報」をお届け

2回目の緊急事態宣言が出される方針のなか、「今」できることは!?また観光で広島に来て下さる方のための準備!久しぶりに原爆ドームまで宿から歩いてみました。やっぱり近い!便利!やはり自分が体験した「生の情報」をお客さまにお伝えしないと!と再確認。ビジネス旅館はらだからのリバーウォーク、ピースウォークをご紹介します!

2回目の緊急事態宣言!?

コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないということで、2回目の緊急事態宣言が発せられる方針とのこと。

ブログではいつも明るく・楽しく!が身上ですが、今回の宣言で、いったい何回目だろう?心が折れる音が、、、、。1回目の宣言の時は、今考えると「危ない状態」だったのかな?と思い直すくらい、沈んでいました。そして、6、7月から少しずつ予約が入り始めて、また感染拡大の兆しが見え、キャンセル。11月に入ると、また徐々に回復してきて、、、そして、、、正月明けの非常事態宣言!?。

でも、そんななかでもビジネス旅館はらだに、連泊してくださる職人の方々の「ただいま~」の声を聞き、「美味しかったよ~」と食事を評価していただけること。心の折れる音が聞こえるけど、工事現場で汗水流して「止められない仕事がソコにある」職人さんからのパワーをもらえれば、なんのこれしき!何度折れても、歯を食いしばって立ち続けるけぇ~ね(広島弁)!

ただ、実際問題としては、観光の方のご予約は、、、、。じゃあ「今」何ができるのか!?

「今」できること!?広島案内のスペシャリストになるぞ!

ビジネス旅館はらだは、築40年であり、駅前などの最新鋭のホテルのような設備はございません。でも、ビジネス旅館はらだを選んでいただけるお客さまには、スタッフとのコミュニケーションでしか知りえない「生の情報」をお伝えすることができます!

例えば・・・・。ご質問「近くに美味しいお好み焼きはある?」→回答例「地元に人気のお店なら「ビタミンU」、でも今の時間は満杯かも!?ご家族連れだったらゆっくり座れる、「みつ」さんがいいかも?珍しい焼き方に興味あれば「鉄華」ですね~、お刺身も食べれますよ!お酒好きの私は、1時30分まで空いている「だんだん」さんがおススメです!」。

ご質問「お好み焼きは飽きたから、旨い居酒屋ない?」→「それだったら、「雀」ですね!プロの競輪選手もくる、焼き鳥の名店!でも、予約しないと入れかもです~。電話しときましょうか!?」

などなど、もし、スタッフにご質問していただければ、ネット検索でも出てこない「情報」をお伝えさせていただきます。昔、アジア方面をバックパッカーしていた時、地元の人におススメ情報を聞くのが、旅の楽しみ(というか、ネットが自由に使える時代ではないので、聞かざるを得ないという背景もありますが、、、)だったことを覚えており、広島に観光で来られたか方にも、見知らぬ土地を旅する醍醐味を味わっていただければと思い、近隣情報の収集に力を入れております!

ということで、「今」できることの一つとして、またいつの日か、広島に来て下さるお客さまに、「あ~来てよかった!」と言っていただけるよう、「広島案内のスペシャリスト」になるぞ!まずは、宿から近すぎて灯台下暗し!?原爆ドーム、平和記念資料館まで万歩計を携えて、歩いてみました!

原爆ドームまで歩いてみた!本当に近い?距離は?所要時間は?

ビジネス旅館はらだのおすすめポイントは?「原爆ドームまで徒歩約5分!アクセス抜群」、と言っているわけですが、改めてお客さまの目線に立って、自分の足で歩いてみて、「生の情報」をお伝えしてみたいと思います!

まずは、フロントを出て、市内電車通りを目指します。と、そこにはローソンがあるではないですか!?このローソンは、昨年新規オープンしたばかりで、なんと徒歩30秒と激チカ!リピーターのお客さまも「また便利になったね~」と仰っていまっした。散歩前、「MACHI Café」の美味しいコーヒーで手を温めながらレッツゴー!

十日市東交差点を左折すれば旅館はらだ

電車通りを原爆ドーム方面に向かうとすぐ見えてくる市内電車「本川町駅」。お車で来られた方も駐車場に駐車された後の、駅方面や、繁華街(流川・薬研堀)、宮島へ行かれるための出発点。これまたわずか100m、1分!近いっ!

市内電車には色々種類があって、最新鋭の流線形ボディから、カクカクしたレトロな車両まであるので、注意して観察してみてください!年に一回の11月23日「ひろでんの日」には、なんと被爆した車両が現役で動く姿が見れるです!この日ばかりは、線路沿いに撮り鉄の方大集合!

本川町駅周辺で道草

と、ここで「本川町駅」の降りた目の前に、美味しそうなお菓子屋さんが??「メゾン・ラブレ」。私もよく利用する地元の方に愛されるお店なんですが、ここの「広島ケーキ」がおススメ!「広島のお土産よ~」→「どうせもみじ饅頭でしょう?」なんて会話がでるような、広島リピーターの方にもおすすめ、産出量日本一の広島産のレモンを使ったケーキ。1個から購入可能で、プチギフトにもピッタリです。

さらに原爆ドーム方面へとあるくと「景雲堂書店」が見えてきます。店先の100円コーナー覗けば「ん?なかなかいい品ぞろえだな?」とピンと来る方は是非店内へ!「The古本屋」。本棚は勿論、通路までタワーのごとく積み重なった本・本・本!文学、音楽、映画、歴史、、など幅広いジャンルの名品・珍品がみつかります。私もジャン・ジュネさんの「葬儀」にも出会い、その時間軸を超越した、ロマンティック(?)な物語にぶっ飛ばされました。。。

「景雲堂書店」さんから道を挟んで、集合ビルの2階を眺めてみてください。ハイヒール型の看板のお隣に、柔らかな明かりが漏れる2Fの店舗、「READAN DEAT」さん。本+ギャラリー+イベントスぺ―ス。ここは東京か!?と勘違いするようなおしゃれ空間。初めてお店にお邪魔した時に、「大友良英」さんの本が平積みしてあり、音楽好きの私としてはニヤリ。その後、「カメラになった男 写真家 中平卓馬」などの映画上映会にも参加させていただいたこともありますが、なんと1月15日にには石川直樹さんのトークイベントが開催とのこと!山登り達集まれ~!!本好きの方は、本川町駅周辺は是非チェックですね!

原爆ドーム映えポイントはどこ?

市内電車の線路に沿って進むと、白い大きな橋。相生橋です。平和公園や平和記念資料館がある中島町方面に、橋の真ん中から渡れるようになっているT字型の橋。このT字が、原爆を投下する際の目印となったそうです。実際に原子爆弾がさく裂したのは、東に数百メートル離れた場所で、その場所にも碑があります。

現在は、補修中の原爆ドームですが、相生橋の上から見える川面に反射する原爆ドームはとても「映える」と思います。相生橋は歩道に十分なスペースもありますが、歩行者の邪魔にならないように、テラス状にせり出した部分が確保されています。相生橋の上から、満足いくショットが撮れるまで、ゆっくり・じっくり撮影しちゃいましょう!

原爆ドーム到着。うんっ、本当に徒歩5分だ!距離にして400m。176㎝で歩幅約70cmの私で、587歩。近い!周辺を木々に囲まれて、腰を下ろす場所もあるので、暑い夏でも、木陰から眺めるも良し、柵に沿って細かい分をじっくり観察するもあり。

20万人以上の方が犠牲になった、たった一発の原子爆弾の威力をまざまざと見せつけられます。改めて、張り巡らされ修理用の足場や、修理の跡を眺めていると、「住むことも、利用する事もできない建物なのに、修理(延命治療)なんかせず、静かに・ひっそと壊して。」と声が聞こえてきそうです。世界中の核兵器がなくなるその日まで、物言わぬ鉄筋コンクリートから聞こえてくるメッセージに日本人だけではなく、世界中の方に、耳を傾けていただける日が来ることを願わずにおれません。

ここまで長文を読んでいただき誠にありがとうございました。原爆ドームから、平和記念資料館までの散歩の続きは、次回更新させてただきます。もしよろしければ、また、お付き合いくださいませ!

関連記事

PAGE TOP