古いけど清潔な宿に!DIYチャレンジ。壁紙張替え

広島市中心地宿、ビジネス旅館はらだは築40年で古い!でも古いだけじゃない!清潔で、赴きあって、アットホームな雰囲気のなかで、ご宿泊していただけるように、できることをコツコツDIYでKAIZEN。本日は、先日の大雨の影響で剥がれてきた壁紙の張替えをご報告~!

先日の大雨の傷跡。剥がれそうな壁紙を修復!

先日、九州地域を中心に大きな被害をもたらした大雨。広島市の中心地に位置するビジネス旅館はらだにも傷跡を残していきました、、、、

なんだか壁紙がはがれているぞ!?ん!?少し湿っている??なじみの防水処理業者に見ていただくと、小さな亀裂から水がしみだしているとのこと。短期間に大量の大雨が来なければ、まだ大丈夫とのことでしたが、昨今の異常気象。想定外の災難が起こる前に、傷が小さなうちに補修・KAIZEN!

まずは、壁紙をはがします。なるべく、壁紙の下地が残らないように、ヘラを使ってこそぎ落していきます

壁紙は張替え前の準備が最重要!

壁紙をはがして、丁寧に古い壁紙の下地も取り除くは重要なのですが、そうすると、貼り付け面に凹凸が見つかったりします。今回は、壁紙がはがれる原因となった、亀裂を発見!何もせず壁紙を張っても、また今度大雨が来れば元の木阿弥なので、まずは亀裂にコーキング剤(ゴムみたいな物質で固まれば気密性、防水機能あり)を充填して、平面になるように成型します。

壁紙を張る前にどれだけ均一な壁面にしておくか?という準備が壁紙張替えの最も重要なポイントですね!

綺麗に仕上げるポイントの境目はどうする?

今回は、高さ1.8m、幅1m弱の壁紙を張りました。これくらいのサイズであれば、壁面が滑らかであれば、一人でもできちゃう!

張る前に薄く、均一に糊を塗った壁紙を張ります。刷毛やローラー等を使って、中心から周辺部に向けて、空気が入らないように少しずつ張っていきます。

そして、仕上がりを左右する、新旧の壁紙の境目の処理です。古い壁紙と1㎝弱重なるように新しい壁紙を張っておき、新旧の壁紙を合わせて、カッターで切れ込みを入れます。この時、いかに真っすぐに切れるかで、仕上がりが全く変わってきます。垂直に鉛筆等で引いたガイド線に沿って、ヘラや専用のガイドにカッターの先端を添わせながら、無心になって、カッターを「スっー」と動かします。チカラを入れすぎて、壁紙がヨレちゃったり、チカラ足らなくて、新旧の壁紙の両方を切れなかったり、、、この「スっー」の塩梅がなかなか難しいです。

清潔感あふれる宿を目指して心込めて最後にペンキ塗って完成!

今回の壁紙張替え作業は、空気も入らず、新旧壁紙の境目もバッチり隙間なくできて一安心。最後に、新旧の壁紙を揃えるためにペンキ塗り。

ペンキは、晴天時に、できるだけ換気しながらしましょう!かくいう私自身が、長雨の際に無理して、廊下や大浴場のペンキを、換気不十分のなかやったのですが、、、すこしペンキの臭気にヤラれました、、。

ペンキが塗られて乾いて、その上に塗ると、見事に濃淡がクッキリ見えます。なので、素早く・丁寧に同じ厚みで塗り、乾いた後に、重ね塗りを繰り返すことで、徐々にムラが見えなくなっていきます。何度も塗る作業は辛いけど、完成した眩しいくらいの白さを見ると、そんな疲れも吹っ飛びますね!

古いけど、清潔感あふれるビジネス旅館はらだの壁紙是非チェックしてみてください!

関連記事

PAGE TOP