大浴場、水質検査異常ナシ!仕事の汗は旅館の風呂で流しましょう~

広島市のビジネス街まで徒歩圏内、ビジネス旅館はらだの自慢は大浴場。暑い夏、一日走り回ってかいた汗と疲れは、足を伸ばせるお風呂で流してください!毎年恒例の大浴場の水質検査。もちろん検査結果は異常なし!しかし、これに奢ることなく毎日毎日の適切な管理を積み重ね、安心で安全な大浴場を提供してまいります。

大浴場の水質。年に一回の定期検査

ビジネス旅館はらだの自慢は大浴場。足を伸ばしてゆったり入れるお風呂は、ビジネス関係や、工事関係者のお客さまの一日の汗と疲れをキレいに洗い流してくれます!暑い夏、ザブんと浸かって、湯上りにキンキンに冷えたビールなんていかがでしょうか!?

大浴場の水質は、法律で年に一回の定期検査の実施が義務づけられています。旅館はらだでは、いつも7月の七夕付近で実施。自転車で広島県環境保険協会で、試薬が塗られている特殊なボトルをもらって、湯舟の中央付近、なるべく表面は取らないように、慎重にお湯をサンプリング。

慎重にお湯をサンプリング

新鮮なサンプリングを、自転車でもう一度ダッシュ!絶対大丈夫と確信はしていますが、やはり提出する際には毎年緊張します。

検査結果は、、、もちろん異常なし!

ここ三年間の大浴場の水質検査結果通知書

大浴場のお湯のサンプルを提出して約1週間後結果が届きます。封筒を開けてみると、もちろん異常ナシ!今年も胸を張って、安心・安全な入浴時間を提供させていただけます!

旅館はらだでは、お湯の中の不純物を取り除くろ過装置を通すと共に、消毒のために、お湯に次亜塩素酸を加えて、有害な菌などが全くいないクリーンな状態をキープしています。

殺菌効果を持たせつつ、人体に影響にないように決まっている、次亜塩素酸濃度を一定に保つには、毎日の濃度チェックが必須。毎日お湯の次亜塩素酸濃度をチェックするとともに、お客さまの宿泊人数、お湯の使用量等を鑑みて、一定時間内に何回次亜塩素酸を注入するかを設定できるポンプを調整します。経験が必要ですが、最近は狙い通りの濃度にビシっと合わせられるようになりました!

安心・安全な宿泊となるよう、毎日の積み重ね

今回は大浴場のお湯について紹介させていただきましたが、その他にも、ビジネス旅館はらだにご利用頂けるお客さまに安心・安全なご宿泊をお届けするためには、スタッフによる日々のチェック、改善が必要です。

特に今はコロナ禍。こんなにも長く続くとは想像にしていませんでしたが、不特定多数の方が触れる場所の消毒など、マスク着用と同様に、コロナウイルス感染防止対策が体に染みついてきましたように思います。

しかし、今回のお湯の定期検査のように、第三者の方の目でチェックしていただける機会をいただけること、改めて日々の取り組みを見直し、改善することができます。今後とも、お客さまの安心・安全を守る使命を胸に、毎日の積み重ねを続けてまいります!

関連記事

PAGE TOP
Translate »