屋根付き駐輪場でバイク旅も安心な宿に2羽のタカが舞い降りた!隼&CBR。カッコいい~!

昨年、ピリリと冷える空気を切り裂いて、2羽の「タカ」が我が宿に舞い降りた。「隼」と「CBR」。流線形ボディーの白と赤の2台のバイクは、ツーリング途中に広島でご一泊。屋根付きの駐輪場のことや、バイク関係のブログもチェック済で、お帰りになった後も、ご無事にご帰宅されたとのメッセージも!嬉しいこと尽くしのいい思い出をご紹介。

屋根付き駐輪場やバイク関係ブログをチェックされてのご来館!

昨年の話と、少し前になりますが、写真を整理していると、目に飛び込んでくるカッコいバイクが!原爆ドームの修理や、コロナウイルス感染の第三波の影響で、広島市内から観光のお客様がほとんど見られなくなり、本格的な寒さが到来するころ。そんな、スタッフ全員の心も少し暗い状況のなか、心震わすエンジン音を響かせ、2羽のタカが舞い降りてくれました。

2羽のタカの正体は、スズキ「隼」とHONDA「CBR1000RR-R」。ビジネス旅館はらだは、屋根付き駐輪スペースがあることから、バイクでツーリング旅されるお客様にもお喜び頂いている広島の宿。これまでも、沢山の素敵なバイクを拝見させていただき、その都度ブログなどで紹介させていただいております。

今回のツーリングのお客さまは、ホームページで、屋根付き駐輪場のことや、バイク関係のブログを事前に拝見して頂き、ビジネス旅館はらだをお選びいただいたとのことで、「このブログも、誰かのお目に留まる機会があるんだ!」という、実感と責任感と同時に、嬉しさがこみ上げてきました!

「走る=攻める」為の名車「隼」と「CBR1000RR-R」

白ベースに赤いラインが激渋!隼(ハヤブサ)

スズキ「隼」。カドのない、うっとりするような流線形ボディー。曰く、「公道では最速」(私は、250ccのバイクしか乗ったことがないので、スピード・馬力などについての知見が少なく、明言できませんが、、ご勘弁ください。。)。ペイントされた「隼」の漢字のカッコよさは、海外でも評価が高いこともうなずける、激渋のデザイン。本当に鷹が、大空を自由自在に舞い、空気を切り裂いて急降下してくかのように「鋭く」、駐車場にピットイン!!

艶っ艶のトリコロールカラーが映えるCBR

白いボディーの隼とは対照的に、赤が映えるHONDA「CBR1000RR-R」。HONDAの公式HP(https://www.honda.co.jp/news/2020/2200305-cbr1000rr-r.html)には初代CBRから継承する「“Total Control~操る楽しみの最大化”」を「Total Control for the Track ~サーキットで本領発揮するマシン」と、よりレーシング仕様へと変化させた本気(マジ)なマシン、とのこと。

走ることを追及することで生まれる落ちてきた「混じりっけなしな純粋結晶」という雰囲気が伝わってくる、「隼」と「CBR1000RR-R」の2台が、ビジネス旅館はらだの駐車場に肩を並べて羽を休める景色に改めて感動。こんな名車をご駐車いただけることに、ただただ感謝感激!

屋根付き駐輪場なので、大切な愛車も安心ご駐車!

ご宿泊後もメッセージを下さり、大感謝!

ご宿泊当時は、広島県が全国に先駆けて、時短営業などを呼びかけ始めた時期で、夜8時以降は食事をとる場所もほとんどなく、しかも原爆ドーム、宮島厳島神社の大鳥居のいずれも修理・改修中、、、ということで、「隼」と「CBR1000RR-R」のライダーの方には、広島の魅力を満喫!とはいかなかったのでは?と申し訳ない気持ちで一杯でした。

しかし、なんと、ご無事にご自宅にお帰りなった後に、「無事帰りました~、お世話になりました~!」とのメールが来ているではありませんかっ!?ご宿泊頂き、素敵なバイクを拝見させていただけただけで、大感謝なのですが、ご宿泊後もお気遣いいただき、大・大感謝!

バイクでのツーリングは、宿につくと、風の圧力と寒さと、体はヘトヘト。そんな疲れた体を、大浴場でゆ~っくりと足を延ばして、癒して頂く。そして大切なバイクは、屋根付き駐輪場で、安心駐車。そんな心も体も安心、ゆったりできるツーリング宿となるため、これからもますます、バイカーの方々にとってご利用しやすい環境を整え、お客さまと素敵なバイクを眺めながら、ツーリングで見てこられた風景などのお話ができきるように頑張ってまいります!

最後に、お泊りいただいた、2台のスーパーバイクのバイカーのお客さまへ~!また、状況が落ち着けば、原爆ドーム、宮島、お好み焼き、そして中国山地のワインディングロードと、広島の魅力をタップリと味わいにお越しください!お待ちしておりま~す!

関連記事

PAGE TOP
Translate »