広島で団体で宿泊できるビジネス旅館はらだ。冬至の夕食紹介!

ビジネス旅館はらだは、広島市内中心地で30年以上営業のビジネス旅館。職人さんの長期滞在団体でご宿泊していただけるお客さまにご好評いただいております。2食付きプランもあり、本日は冬至に向けてカボチャの煮つけ!

2食付きプランで長期滞在や団体の方にもマッチ!

寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? ビジネス旅館はらだの自慢の大浴場(男性専用)も設定温度を上げて、冷えた身体をポッカポカにするご準備をしてお待ちしております! 大浴場が、職人さんの長期出張や、スポーツ団体のお客さまにご好評いただいているところですが、ご用意させていただいている朝食バイキング形式)、夕食(日替わりお任せ定食)の2食付きプランもきっとご満足いただけるとおもいます!

本日の夕食は、冬至に向けて、カボチャの煮つけ!

1年で最も太陽の輝る時間が短い冬至。広島では雨・曇りが続き寒さも相まって、少し元気が出ません、、、。そんな時は、日本の伝統文化・風習で乗り切りましょう! 冬至にカボチャを食べる習慣は、諸説あるそうですが、 冬になって食べるものがなくなった時のために、秋に収穫したカボチャを大事に保管していたそうです。カボチャは、カロテンを多く含むので、風邪予防にも効果ありということで、元気に冬を越せるようにという願いを込めて冬至にカボチャを頂く習慣ができたそうです! 現在は、冬至の時期でも国産のモノや、メキシコ等からの輸入などで獲れたてピチピチの旬なカボチャが手に入りますが、改めて、昔の日本の習慣に感謝しながら、この寒い冬を、カボチャで乗り切りましょう!!

関連記事

PAGE TOP