広島で寺ヨガ、こども食堂、婚活!多彩な活動を展開、本覚寺さまのご紹介

広島で人気の寺ヨガを楽しめる本覚寺さま。時代のニーズに応じた多彩な活動で広く情報発信!。こども食堂、婚活イベント、宿泊体験なども展開中!お堂には曼荼羅に釈迦・多宝如来像、年1回開帳の妙見大菩薩、鬼子母神像が鎮座され、仏像好きにもおススメ。魅力あふれる住職さまは原爆の悲惨さを伝える活動も。旅館はらだからは50m、徒歩40秒と目の前です!

旅館はらだから50m、徒歩30秒の広布山 本覚寺さま

旅館はらだ周辺のお寺・神社紹介のコーナー!これまで、17ものお寺が集結した「寺町」の様子や、寺町のすぐ近くの空鞘神社などをご紹介してまいりました。いずれも徒歩圏内ですが、今回はなんと、、、、50m徒歩40秒と最も近いお寺「広布山 本覚寺」さまでございます!

お寺の傍を通ると、HPやSNSの情報などが掲載してある掲示板などを拝見しながら、興味深々だったのですが、なかなか機会もなかったのですが、今回はご縁がありましてゆっくりお話しを聞かせていただくことが出来ました。ご住職さま、貴重な時間ありがとうございました!

本覚寺さまは、ご供養、厄除け、ご法要などは勿論、人形供養や、水子供養などの幅広い法務をされています。また法務だけではなく、今広島でも人気急上昇中の寺ヨガや、お寺での宿泊体験、こども食堂や、なんと婚活イベントも開催されるお寺です。

時代のニーズにあった活動を!寺ヨガなどで門戸を広げて情報発信

令和元年に本覚寺の住職に就任され渡部さまの「時代のニーズにあったお寺として、広く情報発信していきたい」との想いのとおり、様々な活動が展開されいます。

寺ヨガ

第1,3水曜日 10時30分~11時30分 全米ヨガアライアンスRYT200認定指導者 ヨガ講師 板谷さゆり 様
*静謐なお堂の空間では、気持ちを落ち着け、ヨガの深い精神性に触れることができるそうです!

十日市こども食堂おてらごはん

地域のこどもたちに温かい食事を提供。個人や団体からの温かい支援も受けながら毎月1回土曜日に開催中!
*2022年11月現在;コロナウイルスの影響を鑑みて、お弁当の配布で対応とのことです。
*2022年11月20日の様子の写真(⇓)とっても美味しいお弁当と、保存が効く食材が満載で、これは嬉しい!!

本堂の一階でお弁当を配布

夏休みお寺宿泊体験

7月下旬の土日に開催。対象は小中学生。お寺に泊まるという特別な体験で、県内外から多くの参加がある、大人気のコンテンツだそうです。お寺ならではの、写経や読経などの修行体験や、原爆ドームが近い立地を活かした被爆体験伝承講話の聴講・被爆遺跡のフィールドワークなどの平和学習を組み合わせることができるそうです。

コロナが空けた来年の夏休みは、これまで我慢してきた子供たちのはちきれんばかりの笑顔を見るのが楽しみですね!

広島婚活塾

お寺の檀家さまから、「ウチの子供にいい人との出会いの場を作ってくれんかね?」とのご要望をうけたご住職。先進事例を学びに赴き、ノウハウを習得され、地元で仲間造りをしてお寺で婚活イベント「広島婚活塾」を開催。ご要望に柔軟に対応する姿勢と、その行動力に脱帽でございます。

実際に、この婚活イベントをきっかけにゴールインされたカップルも誕生されたとのこと。現在はコロナウイルスの影響で中止中ですが、再開が待ち遠しいですね!

仏像好き必見。本覚寺さまのお堂には珍しい仏像も!!

本覚寺さまのお堂の中には、重厚な須弥壇、その上には本尊さま。その他にも、両脇にも珍しい仏像が鎮座されております。

本尊の大曼荼羅。真言宗などの密教系の、仏様がたくさん描かれた胎蔵界曼荼羅や、金剛界曼荼羅などとは異なり、日蓮聖人が書き記した「南無妙法蓮華経」の文字を中心とした曼荼羅です。私は、初めて見た形式で、とても新鮮で見入ってしまいました。

その曼荼羅の前には、悟りを開いた釈迦を多宝如来が多宝塔に招き入れ、その塔の中で2体1組となって教えを説くという、法華経の信仰を具現化した世界と、日蓮聖人像。そして廻りには四菩薩が配置されています。二体の如来像はとても綺麗なので、最近お彫になられた仏様ですか?と質問したところ、なんと江戸時代の作とのこと!

広島市内は原爆の被害によって、生活・自然は勿論のこと、文化的な仏像や、建築物なども破壊されました。しかし、幸運にも本覚寺さまの仏様は、疎開していたため、難を逃れたとのことでした。

そして、毎年6月1日にしか公開されない本覚寺の守護神「妙見大菩薩」さま。明王のように剣をもっているけど、、、?インドで生まれた菩薩文化に、中国の天体・星を信仰する思想が混ざり合い、北極星・北斗七星を神格した神様ということです。

仏教だけではなく、ユダヤ教も、キリスト教も、多くの宗教が時代に合わせながら、地域に合わせながら、混じりあい変化していくもの。まさしく本覚寺の住職さまの「時代のニーズにあった」お寺にピッタリな仏像ではないでしょうか?

開運の神様、妙見大菩薩

本堂の右側には鬼子母神像がおられます。これまたインドでのお話。鬼子母神(インドでは「カリテイモ」)は、沢山の子宝恵まれた。しかし、正確は残忍で、他人の子供を食べていた!!そこにお釈迦さまが現れ、鬼子母神の末っ子を隠します。すると、鬼子母神は大いに嘆き悲しみます。「沢山いるお前の子供の内、たった一人隠すだけでそんなに悲しむのなら、我が子を食べられた親の哀しさはどれほどのことか」と説法され、改心。その後は安産・子育ての神として信仰の対象となった方。日蓮聖人法華経の守護神として重視したので、日蓮宗寺院の多くで勧請される重要な神様のお一人です。

この鬼子母神の隣に見える果物はなんでしょう??改心前に食べていた人の味が恋しい鬼子母神のために、人の味と似たザクロ(!?)を置いてあるのだそうです。

間違いを起こさない人間はいません。そこから過ちを認め、人の為になること。でも心の深~い所に隠されている、元々あった生き方・趣味趣向の中には変える事ができないものもあるのかもしれません。自分の心の弱い部分と常に語りながら生きていかないと、過ちは繰り返すのかも?なんてことを考えてみたりしてみました(*これは全くの自分の解釈なので、「えっ!?そんなじゃないよ~」と思われるかもしれませんが、なにとぞご容赦を~)

本覚寺に住職さまは私のような不勉強な者にも優しく・平易な言葉で説明していただけますので、是非色々質問してみてください!

鬼子母神像

妙見菩薩像と鬼子母神像の上に飾られたステンドグラスはなんと住職さまのお母さまの手作りとのこと!!これにはビックリ。何処にだしてもおかしくない、名品でございました。必見です!

手作りのステンドグラス!

その他にも木剣を使った祈祷方法や、法要などの際に檀家の方も一緒にお祈りするための団扇太鼓など日蓮宗独特の文化も説明して頂き、大変勉強になりました。特に木剣を振り下ろしてなる「カンっ!」と鳴り響く鋭い音には、ビックリでした!

広島に生きること。原爆の悲惨さを語り継ぐこと。

原爆ドームまで徒歩5分、爆心地から550mの位置する本覚寺さまには、被爆した遺物が残されています。被爆鳥居、被爆灯篭、狛犬などです。狛犬は、マリ?ボール?を蹴っているような珍しい形で、サッカーをしている方々に人気だそうです!

蹴鞠?サッカー?珍しい狛犬

私も通った本川小学校にも被爆した校舎が残され、現在は「本川小学校平和資料館」として一般公開されいます。ふとしたきっかけで、その平和資料館のボランティアになった住職さま。しかし、自分の知識だけでは被爆の実相を伝えきることはできないと感じた住職さまは、被爆体験者の方の声を直接聞いたり、当時の資料を勉強しなおされ、広島市被爆体験伝承者の認定を受けられました。広島平和記念資料館でも定期的に講和を行っておられるそうです。

本川小学校平和資料館 : 082-231-8020 、9:00〜17:00(入館受付16:40まで)

広島に生まれ、原爆の悲惨さを見聞きして育った身として、原爆の恐ろしさ・愚かさを伝えていく使命があるのかもしれません。住職さまの活動に感銘を受けました。私もご宿泊されるお客さまへと、原爆の悲惨さを伝えられるように勉強しなきゃ!

寺ヨガ、婚活イベントなど時代のニーズにあった柔軟な活動。それとは逆に、時代が変わっても続けていかなければならない「被爆体験の伝承」。そして、檀家の方をはじめ、地域の方々の哀しみや悩みに祈りをささげる法務。本覚寺には珍しい仏像なども有りますが、まずは、色々な活動に尽力されている住職さまとの出会いが本覚寺の正しい味わい方だと感じました!

ビジネス旅館はらだから、本覚寺さまは目と鼻の先。50m、徒歩40秒。是非チェックしてみてください!当館でも何かお手伝いできることや、コラボレーションなんかできたらいいな~なんて夢想しております!

関連記事

PAGE TOP
Translate »