広島へ出張されている工事関係者の方へ節分「恵方巻」をサービスさせて頂きました。

今日は節分!広島に出張で長期滞在中の工事関係者の方に恵方巻のサービス。南南東に向かって「コロナ退散!」を叫びました。緊急事態宣言で観光やスポーツ団体のお客様は来られない状況でも、ビジネス旅館はらだには、リモートではできない、工事現場で汗を流す職人さんがご宿泊中。こんな状況だからこそ、笑顔とコミュニケーションで心休まるお宿を目指しています!

124年ぶり!?2月2日の節分

今日は節分、、、?2月2日ですけど??1年が厳密に365日ではないことから、微調整が必要だそうで、いつもは2月3日であった節分が本日に変更。明治30年以来124年の珍しい日だそうです。

節分は、寒さ深まり風邪を引きやすく体調を崩しやすい時期に、健康を願う=病魔(鬼)を払うというのが起源だそうです。コロナウイルスの終息を全世界の人々が願っている今。この節分こそ、世界の人の心が一つにまとまる日なのでは!?

長期出張中でも、工事関係者の方に季節を感じていただくために!

ビジネス旅館はらだには、工事関係者の職人の方に長年ご愛顧頂いております。ちょうど1年前に「コロナヤバくない??」と日本でも、コロナの不安な足音が聞こえてきた時期。そしてまさか、3月から1年以上にわたり、観光のお客様、スポーツ団体のお客様のキャンセルが続き、未曾有の事態がやって来ようとは、、、、。

そんな状況下でも、リモートワークなどではできない、現場に赴かないとできない仕事をされている工事関係者の職人の方々がビジネス旅館はらだをご利用いただいております。コロナでちょっと不安だけど、40年の歴史の中で築いてきた信頼関係を基に、ビジネス旅館はらだをお選びいただいていることに、感謝と同時に、お客様のご不安を少しでも払拭できるように、できる限りのコロナウイルス感染防止対策を講じております。

工事関係者の方は、毎日クタクタになるまで額に汗して仕事されので、ふとした季節の移り変わりや、節目を逃してしまうこともあるようです。ビジネス旅館はらだでは、フロントに季節のイベントのデコレーションや、クリスマスなどにはケーキのサービス等で、少しでも季節のイベント・移り変わりを感じていただける取り組みをしております。本日は節分でしたので、恵方巻をサービスさせていただきました!

今年は南南東を向いて、恵方巻をガブリっ!

今日は、124年ぶりの2月2日の節分。「コロナ退散!」を祈るためにピッタリなイベント。しかし、ソーシャルディスタンスを確保しないといけない現状、豆まきなどのイベントは自粛されることも多いそうです。

ビジネス旅館はらだでは、夕食の一品に恵方巻をサービス(素泊まりのお客様には、フロントで女将が手渡しさせていただきました!)。「おっそうか!今日は節分か~。恵方巻はどっち向きで食べればいいの?」→「南南東です」→「どっちやねん!!」→「あっちです~」という、お客さまとコミュニケーションが生まれます。

お仕事のことやその他色んなコトをお聞きしたのですが、疲れてクタクタで、早く飯食って、風呂入って、寝たい!という状況では、気軽にお客様にお声がけできないこともあります。でも、クリスマスや節分の時の、プチプレゼントをさせいていただいた時、少しの笑顔がほころびた際に、お客様とコミュニケーションを取れることが、何よりに喜び。恵方巻をサービスすることで、お客様だけではなく、私自身も嬉しい、まさにWi-Winの関係です!

夕食は、白身魚のフライに、手作りタルタルソース、肉じゃが、刺身三点盛り。スタミナ満点で、明日のお仕事への栄養補給をしっかりして頂き、皆で南南東を向いて「コロナ退散!」を叫んだ一日でした!

関連記事

PAGE TOP
Translate »