海外(NZ)からの修学旅行生をおもてなし。日本の朝食にチャレンジして頂きました!

ビジネス旅館はらだに海外(ニュージーランド)からの修学旅行のお客さまをお出迎え!修学旅行も初めてなのに、海外からということで、ドキドキ。日本にご興味のある学生さまで、礼儀も正しく、挨拶も日本語でして頂き、感謝感激。広島に住む者として平和への願いを込めた折り鶴でお出迎えし、日本の朝食にもチャレンジして頂きました。

海外から修学旅行の団体さまからお問い合わせ

ビジネス旅館はらだは団体のお客さまにもご利用頂ける宿泊施設です。2023年の夏休みは、コロナウイルスの影響も落ち着いた、制限のない長期連休ということで、連日、団体さまのご宿泊で毎日フル回転でした。体力が持つかな!?と不安になりましたが、これまで頑張って我慢してきたお子様やスポーツ団体の学生さまの輝く笑顔からパワーを頂き、皆さまに全力でおもてなしさせて頂けました!

そして、一通のEメールが来たのは、夏休みの団体さまのご宿泊が一段落し、少しゆっくりしている時。「ニュージーランドから修学旅行で行きたいんですけど、、、」との内容にビックリ!

広島市内には、全国各地からの修学旅行生が沢山来られます。年中行事なので、各学校さまや、旅行会社さまは、お付き合いが長い、修学旅行に特化したホテルや旅館などの宿泊施設を長年ご利用されていることが多いです。そのため、私がビジネス旅館はらだで仕事をはじめてから5年、修学旅行のお客さまをお迎えしたことはありませんでした。そんな状況下でのメールでしたのでビックリでした。

宿泊前の十分な打ち合わせを経て、いざお迎え!

スポーツ団体さまの受け入れに関しては、経験も積み重ね、スポーツ団体さま特有のサービスを充実させ、ご納得頂けるようなったと思っていますが、修学旅行となると、初めての経験で不安がありました。

団体で宿泊できるホテル・旅館をお探しの方は今すぐお電話!☏082-231-2976

今回のお客さまはニュージーランドということで、メールでの連絡。
●「修学旅行の受け入れは初めてであること」
●「風呂トイレ別のお部屋と、ユニットバス付きのお部屋の2タイプあること」
●「風呂トイレ別のお部屋は、大浴場、共同洗面所をご利用すること」
●「大浴場は男性専用であること」
など、ビジネス旅館はらだの実情を包み隠さずご提示させて頂き、もし学生さまのご宿泊に際してご不便をおかけすることが予想される場合は、修学旅行に特化した知り合いのホテルも紹介させて頂きました。

上記のような条件にも関わらず、「宿泊したい」との御意向いたただいたので、不安などはきっぱりサヨナラして、いつもお出迎えしているスポーツ団体さまと同様に、できるコトを精いっぱい、心を込めておもてなしできる準備をしよう!とスタッフ一同気持ちを高めてまいりました。

それから、何度もメールでやりとりさせて頂きながら、生徒さまの部屋割りや、食事の提供の有無など、細かな点まで打合せさせて頂きました。ニュージーランドの学校のご担当者さまは日本の方でしたので、外国の学生さまが困るかもしれない大浴場の利用や、布団の利用など、スポーツ団体のお客さまとは違った気配りや配慮・サービスの必要性をご教示頂き、とても勉強になりました。

折るづると扇子のプチギフトでお出迎え

「布団の部屋を体験させたい」「日本の「普通」で「日常的」な食事を経験させたい」など、日本文化との出会いに積極的なお考えだったのですが、ビーガンの方がおられたり、予算面や旅行行程に合わなかったこともあり、今回は食事はキャンセルとなりました。ホットした気持ちと同時に少し残念な気持ちでしたが、一念発起!お食事の変わりに何かおもてなしできることは?と検討しました。

海外留学もある知り合いに「どんなおもてなしすれば喜んでもらえるかな?」と相談すると、「扇子とか折り鶴の折り紙とかいいんじゃない」とのこと。アドバイスされたことは即実践・KAIZEN(改善)がモットー。広島県民にとって平和への祈りのためにとても大切な折り鶴。不器用な私も含め、スタッフ全員で、世界各国の国旗が書かれた折り紙に、世界中で起こっている哀しい状況が少しでも早くよくなるよう祈りを込めさせて頂きました。

お越しになられた学生さまには、特に扇子が人気で、すぐお手に取って広げられて、パタパタと涼しい風を楽しんでられました。

日本の朝食にチャレンジ!

チェックインをして、平和公園、原爆ドームへお出かけの際に、「事前の打ち合わせでは食事はなしと言っただけど、エレベーターの中に掲示されてる写真みたら生徒が食べたい!となったらしく朝食たべれますか?」とのこと。朝食の写真でご興味がわいたとのこと、何よりの喜び!ですが、30名様のお食事、、、、食材も準備もなく直前に言われると、、、、いや、まだ間に合うはず!「お受けいたします!」と気合を入れて全力で朝食の仕込みスタート。

目玉焼きに、ウインナー、マカロニサラダ、生野菜サラダ、焼き塩鮭、豆腐の味噌汁にご飯。いつもおだししているビジネス旅館はらだの朝食メニュー。皆様箸を使ってチャレンジ。お好みで漬物、辛子明太子などのご飯のお供も提供させていただいているのですが、皆様「コレは何!?」と興味深々の様子で色々チェレンジして頂きました。特にふりかけが人気でした。

引率されている日本の方は「久しぶりの日本食で、量も充実で、美味しくて最高でした!」とのお声をいただけたのが何よりのお言葉でした。

一方、学生の皆様の食べ終わったお皿には、苦手な食材など食べ残しも目立ち、「お口に合わなかったのかな、、、」と反省しておりました。

後に、先ほど相談させていただいた海外留学経験もある方に聞くと「目玉焼きはNG!ナマや半熟の卵を食べる習慣が無いんだよ」「卵料理出すんだったら、オムレツやスクランブルエッグ、目玉焼きするのだったらしっかり両面ださないとだめだよ」とのご指摘。全くの勉強不足で情けないばかりでした。

しかし、2泊されたお客さまの中から「明日も食べたい!」といわれるお客さまも半数ほどおられたことが、何よりの喜びでした。今回のコトを踏まえ、もし海外からのお客さまがこられた場合は、問題なくお食事できる食材をしっかり提供させて頂いた上で、ご興味のある方には日本独特な、あまり食べなれない食材もバイキング形式で提供する形などを検討していこうと思いました。

因みに二日目の卵料理はしっかり火の通った出汁巻き卵にしてみました。即改善(KAIZEN)!

まだまだ、海外からのお客さまをお出迎えする機会が少ないですが、一期一会の機会の大切に、頂くご評価やアドバイスをしっかりっと受け止めて、改善(KAIZEN)しながら、どんな国から来られるお客さまに対しても、広島での素敵な旅の想い出作りの一助となるように頑張ってまいります。

ビジネス旅館はらだ 
〒730-0802 広島県広島市
中区本川町1-3-19
tel : 082-231-2976
クリック して ⤴ 今すぐ電話

関連記事

  1. ドライヤー貸出

メールアドレスを記入して[送信ボタン]をクリック
毎週金曜日に最新の投稿ブログを自動的に送信させて頂きます。

PAGE TOP
Translate »