夕食付き広島の旅館。ごはんの違いにリピーターの方からのご評価

広島の建築現場の仕事のため3年連続でビジネス旅館はらだをご利用されるリピーターの方を「お帰りなさいませ!」とお出迎え。「お米変えた?」とのご指摘!昨年に比べて少し固めに炊くようにしたのですが、そんな変化にも気づいて頂き、感無量!1か月弱の長期滞在で夕食付きプランのお客さまなので、飽きの来ないよう一日一日真心こめて

リピーターの方をお出迎えすることの幸せ!

ビジネス旅館はらだは、建築現場などでお仕事される職人の方々にもご愛顧いただいておりますが、広島で出張があった時は「はらだ旅館で!」と指定していただけるリピーターの方もおられ、感謝と同時に、身も引き締まる思いです。

3年連続で広島の現場に来られたリピーターの方からの予約の電話。今回のお客さまのように、「〇〇やで~。今年もお願いするわ~」と、会社名ではなく、お泊りいただける方、個人の名前でも予約のやり取りができる信頼関係を築けていけることが、ビジネス旅館はらだの自慢です。お越しいただいた時のお出迎えのお声がけは、もちろん「お帰りなさいませ~」でございます!

夕食の時に、「お米変えた?」のご指摘!?

3回も来ていただけると、「今日はトン汁? カレー?」などと、ビジネス旅館はらだ自慢の夕食のメニューも覚えていただいております。今回は1か月弱の長期滞在となるとのことなので、毎日飽きが来ないように、バランスとスタミナを兼ね備えた夕食の献立を作っております。

例えば、今週のメニューは月曜日「生姜焼き、刺身、かぼちゃの煮つけ・高野豆腐」、火曜日「サバ味噌、刺身、チンジャオロース」、水曜日「カツカレー、酢の物」、木曜日「サンマ、刺身、マーボ茄子」、金曜日「煮込みハンバーグ、刺身、白和え」。メイン料理に肉と魚を組み合わせながらが、野菜もたっぷりに!いかがでしょうか?

煮込みハンバーグ

そんななか、初日の夕食の時に「お米変えた?」とのお声が!なんと、そうなんです!昨年末くらいから、お客さまのお声などもあり、お米の水加減を変えて、少し固めに炊くようにしたのです。「コシヒカリ」などのこれまでの柔らかな食感に比べて、最近の人気のお米の銘柄(「つや姫」など)は粒立ちがしっかりしていることも含めて、お客さまと時代のニーズに合うようにトライ・エラーを繰り返しながら、KAIZEN(改善)しております。

お米も好みが人それぞれかもしれませんが、味噌汁も好みが分かれます。日々お客さまのお好みの味・辛さなどを教えていただきながら、赤みそと田舎みその配分を変えてみてます。お泊りの際は、是非リクエストをおっしゃってください!

廊下にカーペット変えた?」「トイレきれいになったね~」など、KIAZENに気付かれるリピーターの方は多く、そのようなお声を聴けた時は感無量!!これからも、ますます、KAIZEN(改善)を進めて、お客さまにとって安らぎの宿泊空間となるよう邁進してまいります!

関連記事

  1. 朝食
PAGE TOP