心込めた夕食。旅館はらだの冬の定番「豚汁」で広島の冬を乗り切る!

コロナ禍で広島市内の飲食店は休業!仕事で出張だけど何処で食べればいいの!?ご安心ください!広島市内中心地の旅館はらだは、食事付きのビジネス旅館。夕食は日替わり定食で、冬の定番といえば「豚汁」!リピーターの方から、「おっ!今年も豚汁の季節か~」と、もはや風物詩?感染対策も万全に、心を込めた手作り夕食でお待ちしております!

広島市内の飲食店の明かりが消えた!?

ニュースでもご存じのように、2020年12月現在、広島市内のコロナウイルス感染者の増加に歯止めがかからない状態。広島県より、アルコール類の提供は8時まで、9時閉店の協力要請がありました。

ビジネス旅館はらだは、1階の食堂で、朝食、夕食と併せてビール・焼酎などのアルコール類の提供を行っていますが、要請に従い、12月117日より、8時提供停止、9時に食堂をしめています。

Go Toトラベルの禁止を受けて、観光目的でのご旅行は、おススメできない状況ではございますが、お仕事でどうしても広島に来なくてはいけない方々もおられます。例えば、工事関係の現場で働かれる職人さん達です。そのようなお客さまたちのお食事も、毎回コンビニ弁当ではさえませんよね、、。

ご安心ください!ビジネス旅館はらだは、朝食・夕食付きプランをご用意しておりますので、ご不安を感じることなく、旅館はらだでお食事をお取りいただくことができます!

夕食は旅館はらだで、安心・快適滞在

観光目的でご旅行されるお客さま方には、もちろん、お好み焼き、カキ、あなご飯などの広島グルメを楽しんでいただければと思います!これまでおススメしてきた広島グルメの紹介記事もございますので、ご参考までにどうぞ!

*この記事の中で、宮島島内のおすすめカキ飯・あなご飯「まめたぬき」さんを紹介しています

しかし、2020年12月現在、広島市内は、コロナウイルス感染防止を目的とした、時短営業・休業の協力要請が広島県が出ている状態で、「どうぞ、外食で広島のグルメをご堪能ください!」とは言えない状況です。

ビジネス旅館はらだは、お仕事で長期滞在されるお客さまにご愛顧頂いており、長年手作りにこだわった、家庭的なおふくろな味の食事を提供させていただいております。外食に出かけるはちょっと不安な方も、どうぞご安心して、ビジネス旅館はらだの食堂で、お食事をお取りください!

朝食は、これまでバイキング形式でしたが、コロナウイルス感染防止対策を目的として、現在は個別提供のスタイルとしております。バイキング形式と同様の豊富なメニューとボリュームとなるようにしております。先日お泊りのお客さまからも、「朝食が美味しかったよ~!」との口コミを頂けました。

夕食は日替わり定食で、メインの肉or魚料理、小鉢、そして豪華刺身三点盛り!長年お付き合いしているお魚屋さんから届く、新鮮なお刺身を肴に晩酌して、その日の仕事の疲れを癒していただければ幸いです!

*ご宿泊のお客さまで、9時を過ぎてのお帰りの場合は、お部屋にて夕食を食べられるようにして残しておきますので、ご遠慮なく、おっしゃってくださいね!

旅館はらだの冬の定番「豚汁」をご賞味あれ!

今回は、ビジネス旅館はらだの自慢の夕食メニュー「豚汁」をご紹介したいと思います!何年も通い続けられているリピーターのお客さまからは「おっ、今年も豚汁の季節がやってきたな~」と、もはやビジネス旅館はらだの豚汁は季節の風物詩!?

豚汁には、豚肉、ニンジン、大根、里芋、ごぼう、こんにゃく、ネギ、白菜、、、などなど沢山の具材が入り、甘めの白みそと、酒かすをタップリ加えることで、甘みとコクがしっかりした、ごはん何杯でもいけるじゃろ~(広島弁)!な一品。寒~い冬に体の芯からあったまっていただけるメニューです。是非、旅館はらだの豚汁をご賞味ください!

コロナウイルス感染防止対策に万全を期しています!

現在、感染拡大に歯止めがきかない状況のコロナウイルス。しかし、withコロナで、どうしても出張で広島の工事現場で働かなくてはいけない方がたのため、ビジネス旅館はらだも最大限の注意を払い、お客さまの安全と安心を確保できる環境づくりを徹底しております。

チェックイン時の体温測定、アルコール消毒ボトルの配置(チェックインカウンター、エレベーターホール、大浴場、食堂)、不特定多数の触れる部分(ドアノブなど)アルコール消毒、定期的な換気の徹底(食堂への循環扇の設置)、飛沫防止シート、パネルの設置など、感染防止対策につながるモノ・コトを随時更新・改善(KAIZEN)してまいります。

飛沫防止パネルの設置

関連記事

  1. 朝食
PAGE TOP
Translate »