無線Wi-Fi設備を更新!通信速度upでリモートワーク利用も可能。旅館はらだで快適ネットライフ!

新しい働き方「リモートワーク」。ビジネス旅館はらだも時代の変化に対応できるように、念願だった無線Wi-Fiの機器更新、配線見直し、セキュリティー強化を実施。デイユースも可能ですので、ワーケーション対応の宿として改善(KAIZEN)。長期滞在のお客さまのお部屋時間、Youtubeなどの動画などもサクサク視聴になりました!

無線Wi-Fiの機器・配線更新

ビジネス旅館はらだには、客室で無料で無線Wi-Fiの利用環境がございます。しかし、設置した時は、一般家庭用のアクセスポイントを使い、ルーターから伸ばした配線もアクセスポイントをブリッジとして、「繋ぎ配線」の自己流で実施。アクセスポイントも故障や不具合が起こる度に、色々なメーカーから購入してしまい、ファームウェアの更新や、パスワード管理などに問題がありました。

そこで一念発起、プロの業者さまに相談して「時代の変化に対応できる宿」として、以下の目的のために、無線Wi-Fi機器を一新しました!
①お客さまがお部屋で、これまで以上に安定、且つ万全なセキュリティーのネット環境のご提供
Wi-Fi機器の管理の合理化

法人用のアクセスポイント。各階にPOE HUBを設置。

リモートワークに対応可能なネット環境つくりの為に!

まずは、全客室のWi-Fi通信速度を調査。その結果を基に、客室全てでインターネット利用に問題ない通信速度となるようなアクセスポイントの設置計画を作成。その結果、現在のアクセスポイント数から増加して、2階から5階の44室の客室に、計10個の法人用アクセスポイントを設置。

通信速度の調査結果

部屋の壁や障害物、電子レンジなどの電波に障害を与える可能性がある諸々の因子を考慮しながら、実際にアクセスポイントを細かく動かし、客室の通信速度を見ながら、設置場所を決定。

また、ルーターからのLANケーブルの配線も、各階に設置したPOE HUB経由して、それぞれのアクセスポイントに独立したルートを確保。

無線Wi-Fi環境を整えただけでは不十分。大切なのは、日々の管理、トラブル時の対処等。実際の工事を除き、全ての行程に私自身も加えていただき、今までの自己流の知識もアップデートし、常にお客さまに快適なネット環境を提供できるように、一生懸命管理してまいります。

時代の変化に対応するビジネス旅館はらだにverアップ

コロナウイルスの影響により、新たに生まれた働き方「リモートワーク」。私自身、頭が固いので「やっぱりリアルのコミュニケーションがあってこそ、いい仕事ができるはず」という意識がありました。しかし、時代の変化は、私の想像を軽く飛び越えてしまいます。

実際私もホームぺージの維持管理のためにコンサルティングをお願いしている業者の方との会議は、Zoomを利用しています。当初は慣れなかったのですが、今では資料の準備や、質問するポイントなどを絞って会議に臨むので、作業・改善スピードが速くなっていると感じます。ただどうしても、対面でしか解決しえない課題もあるので、その場合は目的を明確にしたうえで、事務所にお邪魔して「、「リアル」の会議を持つこともあります。

端から「〇〇はダメ!役に立たない!」などど誤った先入観で、新たなモノ・コトを入り口でシャットアウトするのではなく、実際に自分で使ってみて、「どのように利用したら、役に立つのか?」という思考をすることの重要さを学んだ気がします。全てをインターネット上、PC上ではなく、今までのいい部分・慣習を残しつつ、新たな技術・メソッドをうまく混ぜ合わす。激動に現代を生き残るには、ビジネス旅館はらだも、古き良き部分は芯に持ち続けながらも、変化を恐れず、時代の変化・お客さまニーズに柔軟に対応するように、バージョンアップしてまいります!

無線Wi-Fi + デイユース + 旅館のおもてなし=ワーケーション

今回は法人用の無線Wi-Fiのルーター、アクセスポイントを導入したので、セキュリティー面も増強されました。ビジネス旅館はらだは、デイユース利用も可能ですので、セキュリティーに不安を感じることなく、リモートワークができる環境が整いました。

また、Bluetooth対応、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンの貸し出しもありますので、外部の音をシャットアウトして全集中できます!

リモートワークができる場所は広島市内にも増えていますが、ビジネス旅館の設備を利用すれば、より快適なりもーワーク=「ワーケーション」を実現できるのではないでしょうか?

例えば、旅館はらだは、朝食・夕食をご提供させていただけます。朝食は6時半から、お客さまのご要望があれば、5時半まで早めることができます。一日のお仕事にはしっかりした朝食をとることが重要!建築現場などで、ハードな肉体労働をこなすお客さまにも納得していただけるボリューム満点な朝食ですので、頭フル回転のリモートワークにもバッチリではないでしょうか?

そして、一日PC画面をにらめっこして披露した目・肩・腰は、大浴場にゆったり浸かってリセット。帰ってから食事の準備をするのが面倒ならば、毎日日替わりの夕食を食べてからご帰宅すれば、ご自宅での時間をプライベートな時間にまるまる充てられますね!

紙屋町・八丁堀・大手町などのビジネス・官公庁の事務所までも徒歩圏内。自転車貸し出しもあるので、実際に会って話しをしないといけない場面があっても、時間のロスなく対応可能です。コンビニも徒歩30秒にローソンがあり、便利さには問題なし!

と、いいつつも以上の「ビジネス旅館はらだでリモートワークする」イメージは、ワーケーション対応のお客さまを実際にお出迎えしている前段階の想像です。実際にお客さまのご利用が始まると、色々な改善点がか必ず発生します。お客さまのご要望、お声に真摯に耳を傾け、その都度その都度、改善を繰り返し、「ワーケーションも対応可能なビジネス旅館はらだ」となれるように、これからが本番!一生懸命頑張ってまいります!

関連記事

PAGE TOP
Translate »