Go Toトラベル事務局による感染対策現地調査。これからも対策を徹底します!

本日Go Toトラベル事務局の方による、宿泊施設における感染症対策の状況調査を受けました。対策状況の聞き取り及びビジネス旅館はらだ館内の実地検分を行って頂きました。結果は「問題なし」!Go Toトラベルが再開された際には、自信を持っておもてなし!「注意喚起のポスターを張ると、さらに効果的では?」と指摘して頂いた点も即座に改善!

追記:2021年10月1日。GoToトラベル事業登録宿泊施設における感染症対策の総点検の結果「感染症「対策を適切に実施頂いていることが確認できました」といいうことで、「点検済」のステッカーが送られてきました!フロントに掲示しておりますので是非ご覧ください!

2021年10月1日に送られてきました!

再開の兆し!?Go Toトラベル?

Go Toトラベル事務局の方による調査

昨年、宿泊料金の補助や地域共通クーポンの発行などによって国内観光の後押しを目的に行われたGo Toトラベル事業。残念ながらコロナウィルスの感染者の拡大によって一旦中止されています。

そんなGo Toトラベル事業の事務局の方からの電話。「昨今のコロナウィルス感染者数の減少傾向を見越して、Go Toトラベル事業の復活の可能性が見えてきた。そこでもう一度宿泊施設のコロナウィルス感染対策の状況を調査して、「安心・安全」にお客様を受け入れる準備が整っているか?を調査したい」とのこと。

ビジネス旅館はらだでは、Go Toトラベル事業の対象宿泊施設として認定されてからこれまで、お客様のご要望を参考にしながら、感染対策についての情報を常にアップデートしながら、最大限の対策を実施してまいりましたので、特に準備をすることもなく調査日の今日を迎えました。

感染対策に「問題なし!」

調査員の方2名による、感染対策防止対策の取組状況の聞き取り調査の後には、館内での取組方法を実際拝見していただきました。

その結果、、、「問題なし」!旅館組合や、近隣のホテル、旅館の方と情報交換をしてはいますが、実際に第三者の方の眼でチェックして頂くのはとてもいい機会でした。

その際に、以下のような対策をすれば更に効果的であるとのアドバイスをいただきました。

○エレベーター内や大浴場の脱衣場で「密を避ける」「会話を控える」ような注意喚起ポスターの掲示
○食堂入口にアルコールボトルを設置
○チェックイン時の検温、体調等の聞き取り情報の保持

頂いたアドバイスはすぐ実行・KAIZEN(改善)

調査して、アドバイス頂いた件については、その日のうちにすぐ改善!!と、言うことで食堂入口にアルコールボトルを追加設置し、エレベーターの外扉、内部、大浴場への入口、脱衣場への注意喚起ポスターの掲示を実践!

大浴場入り口に注意喚起ポスターを追加

事務所にあるラミネーターをフル回転。実はすでに、エレベーター、大浴場の両方ともに入り口にはアルコールボトルの設置と一緒に注意喚起ポスターは置いておいてあったのですが、「会話をお控えください」という文言はなかったので、改めて追加して、更にKAIZEN!

食堂入り口にも注意喚起ポスター追加!

食堂内の不特定多数が触れる、ご飯のしゃもじのそばにもアルコールボトルは設置はしておりましたが、アルコール消毒するチャンスは多ければ多いほどいいですもんね!食堂への正面入口、裏口からの入口の2箇所にアルコールボトル追加しました。

また、これまでチェックイン時にさせて頂いた検温のデータや、体調についての聞き取り事項についても、宿帳と一緒に保存しておけるように、チェックシートを追加作成しました

チェックイン時に宿帳と体温等の情報を一緒にファイリング!

Go To再開の際には、お得なSTAYNAVIを使った宿への直接ご予約で!

第三者の方の調査も終え、更にコロナウィルス感染者防止対策をKAIZENすることで、これからもますます自信をもってお客様をお出迎えさせていただけます。

コロナウィルスの感染状況にもよりますが、本当にGo Toトラベル事業が復活したあかつきには、ぜひ、安心・安全でお得な旅をビジネス旅館はらだでお楽しみください!

ビジネス旅館はらだは、STAYNAVIというサイトを経由すれば、Go Toトラベルの補助金を利用した直接予約ができます。STAYNAVIからビジネス旅館はらだを検索して、インターネット上でお客さまご自身がご予約されるのもOkですが、お電話いただければ、宿泊クーポンや、地域共通クーポンの発行も代行させて頂きますので、お気軽にご連絡ください!

一日も早く、日常が戻ってくることを願いながら、油断することなく、お客さまに安心してご宿泊できる環境整備に努めて参ります!

関連記事

PAGE TOP
Translate »